真・東方夜伽話

雛の厄払い

2008/07/20 09:42:35
最終更新
サイズ
6.89KB
閲覧数
1083

分類タグ

雛の厄払い

2面ボス愛好家

やあ (´・ω・`)

このまえがきは大切なことだから、まず読んで落ち着いて欲しい。

うん、「キャラ崩壊」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、このSSをクリックしたとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした外の世界の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい、そう思って
このSSを書いたんだ。


じゃあ、本題に移ろうか。











「ま~わる~♪ ま~わる~よ♪ 厄神まわる~♪」
えっ? なにを歌っているのかって?
最近里で流行っている歌なんですよ。
あっ、紹介が遅れました。私、鍵山雛と申します。
私の仕事……というか役目は厄を集めて災いが起こらないようにすることです。
ただ最近は大きな厄もないのでちょっと里に降りたりを繰り返しているうちに
子供達がこんな歌を歌い出したんです。
私のことが歌われるのは……まあ悪い気分ではありませんね。
歌ってくれるということは信仰の表れでもありますから。
そんなわけで私は今日も空でのんびりと厄を集めていました。
すると突然大きな厄を感知したのです。
「これは……博麗神社の方向から? でも……」
あの凶暴な博麗神社の巫女は私のそばに堂々と近づいてきたにもかかわらず、
私の集めた厄の影響を受けることもなく私をボコボコにしていきました。
彼女は厄の影響を一切受けないようです。
よっぽどの強運か、それとも幻想郷を守る立場ゆえの特別な力でもあるのか……
だからこそ博麗神社から大きな厄があふれ出てくると言うことは私の興味を引くに
十分すぎる出来事でした。
「とにかく行ってみないと」
私は博麗神社に向かうことにしました。


博麗神社に着くと八雲紫さんや射命丸文さんなど幻想郷でも指折りの実力者達が揃っていました。
話を聞けば霊夢さんや魔理沙さんが地下へ潜っているとのことでした。
妖怪では地下には潜れないとのことでしたので、一応神様である私ならということで地下へ向かってみることにしました。

地下へ潜ってまず一番に驚いたのは毛玉や妖精たちの惨状でした。
相変わらず容赦も見境もなく、地面に落ちた毛玉や妖精には針やお札やらが刺さったりしていて
とにかく死屍累々という状態でした。もっと奥まで進んでいくと桶に入った妖怪、パチュリーさんによると
「釣瓶落とし」と言う妖怪であったり、「土蜘蛛」という下半身が大きく膨らんだふとましい妖怪――

(ふとましいっていうなあぁぁぁぁぁぁ!!!)

なぜでしょう。今一瞬地上のほうの厄が大きくなったような、そんな気がしましたが地下の大きな厄に比べれば
些細なことです。無視して先に進むことにします。

ちなみに余談ですが蜘蛛の中にはお腹に子供を抱える種類も居るそうです。
もしかしたら土蜘蛛もその類なのかもしれませんね。

なんだか厄の気配が大きくなってきました。
と言うか目の前に居る妖怪が原因ですね。
今まで会ったことのある妖怪の中でも特にこの妖怪は厄が多そうです。
周りの景色がゆがんで見えるほどの厄なんて私、始めて見ました。
「そこのあなた、大丈夫?」
「妬ましいわ、あの巫女といい、魔法使いといい、楽しそうに……妬ましいわ」
「話聞いてる?」
「あなたも私に嫌がらせするために来たのかしら? 妬ましいわ」
「聞いてないわね、じゃあ勝手に厄を取らせてもらうわ」
「なにを取ろうと言うの? 妬ましいわ」
「おっ、ちゃんと聞けるじゃないの。 簡単に言うとあなたが厄を溜め込みすぎだから
 私はその回収に来たの。 あなたは人間に災厄をもたらしそうだから止めに来たのよ」
「なにを言うかと思えば、私は人間に直接的にではないせよ害を与える存在。
 妖怪は人間に害を与える存在ではないというの?」
「その認識はもう古いわ。今は昔ほど人間と妖怪の間に垣根はないのよ。
 人間を守る半妖も居れば、人間相手に商売をする妖怪も居る。時代は変わっているのよ」
「それでも私は……私の存在意義は人間を苦しめることよ。私たちを地下に閉じ込めた奴らが
 妬ましい。そいつらが人間を守ると言うのなら私は人間達に害を与えるわ」
「そう、寂しいのね」
「なっ……!」
「誰かに害を与えて自分のことに注目して欲しいんじゃないの?」
「そんなことは……」
「ないと言い切れる? それに今のあなたがそうしても誰もあなたに注目などしてくれない。
 それだけの厄をあなたは抱え込んでいるから」
「じゃあどうすればいいって言うのよ」
あらら、泣き出しちゃいましたよ。この子。
ちょっと言い過ぎたでしょうか。
「ごめんなさいね。でも私はみんなに幸せになって欲しいの。あなたにも幸せを分けてあげる」
「えっ? んんっ……」
強い厄をまとった場合には直接的接触によって直に厄を取るのが一番良い方法なのです。
やましい気持ちがあるわけではありませんよ?
最近、いじられキャラだった方々が強気に出られるのも私が厄を取ってあげたからなんですよ?
「……ぷはぁ……どう? 気持ちよかった?」
真っ赤にして固まってる姿もかわいいですね。
早速ですけど脱がすことにしちゃいましょうか。
「やっ……やだぁ……」
「こら、暴れちゃだめですよ」
なんだかこれじゃ襲ってるみたいですが、荒療治と言うやつです。
少々病んでる子にはこれぐらいしてあげないと治らないんです。
「うわぁ、白くて綺麗な肌じゃないですか」
思ったことがつい声に出てしまいました。
でも本当に綺麗です。ちょっと病的な感じも受けますがこれくらいならありでしょう。
それにみずみずしい肌で程よく弾力があってさわり心地もいいです。
私は胸に手を伸ばし程よいふくらみをこね回し始めました。
「やっ……やめてぇ……」
表面はふにふにとしているのに力を込めるとしっかりと押し返してくる。
これはなかなかいいおっぱいです。
それに声では嫌がっているようですが桃色の突起がしっかりと主張しています。
治療の効果が現れているようです。
揉みながら指の腹で軽くこすってあげると声を殺して体が反応してくれます。
白い肌が朱を帯び、指を銜えて必死に我慢している姿はいいものです。
結構我慢してますけど息が荒くなってますし、目がとろーんとして、うるうる目になってます。
ああ、そんな顔しないでください。
もっともっと治してあげたくなっちゃうじゃないですか。
今度はつるつるのお尻に手を伸ばそうと思います。
「きゃっ!?」
んー、想像通りの反応ですね、うぶなところが非常に良いです。
さすさす、すりすり、優しく弱めにしてあげることがポイントです。
だんだん敏感になっていくんですから。
「はっ、はぁ……」
いい感じに力が抜けてほぐれてきたようです。
ちょっと強めにいきましょうか。
お尻の穴にゆっくりと指を差し込み、前立腺を刺激してあげます。
力が抜けて私のほうにしなだれかかっているので案外簡単にいけそうです。
「あっ、あっ、そこだめぇ!」
体がひときわ強く震えて、跳ね上がりました。
俗に言うイった状態です。
肩で息をしている彼女はかわいいし、大きな厄も回収できたので、
本当に今日は良い一日でした。
さて、帰るとしましょうか。巫女たちに巻き込まれたらかないませんしね。
「あっ……ちょっと待って……」
うつろな目をしていましたが、回復したみたいです。
「どうしましたか?」
「その……また溜まったらしてくれる?」
「ええ、もちろん。いつでも私、鍵山雛にお任せです」
「私、水橋パルスィ。よろしく」
やっぱりかわいい女の子は笑い顔が一番ですよ。異論は認めません。










「あの、私の厄を取っていただければ昔のようにカリスマを取り戻せるんでしょうか」
「ええ、もちろんです。 人間、妖怪、たとえ月人であってもどんとこい! です」
「じゃあ、お願いします」
すごいおっぱいです。赤と青のセンスをう……ゲホゲホ……目に優しくない配色の服が
はちきれそうですが、彼女のことだから計算してぴったりに合わせてあるんでしょう。
「では、服を脱いでください。 直接的に厄を取るほうが早く済みますので」
「あーっ!! またぁ!!!」
こ、この声は……
「今日は私の厄を取ってくれるって約束でしょ!?」
あの日から私を追いかけてくる緑色の目をした怪物がいるんです。
誰か私の厄を取ってくれませんか?
「こらーっ!! まてぇぇぇぇぇ!!!」
はあ……、本当に誰かお願いします。
やあ (´・ω・`)

このあとがきは言い訳だから、まず読んで落ち着いて欲しい。

うん、「カオス」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、このSSを読んだとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「誰コレテメェ」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした幻想郷の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい、そう思って
このSSを書いたんだ。


じゃあ、弾幕をもらおうか。
2面ボス愛好家
コメント




1.774-sun削除
雛とパルスィは気が合うと思うんだ。
2.ななし削除
雛とパルスィとは良いコンビ。
3.魔砲削除
ぱるすぃの厄とったら妬んだりしなくなってしまうような気がするようなしないような・・・邪気眼目覚めたかな
4.千変万化削除
うん、エロい、だから読めた。

うん、キャラ崩壊、だから良い。(ぇ
とりあえず
つ【段幕】
ホレ、釣りはいらないし好きなだけ持ってけ

5.卯月由羽削除
いいなこの二人、可愛い
6.Noname削除
橋妬む⇒厄る(直接的な意味で)⇒雛集める⇒なんかとってく雛をパルシィる⇒厄る(直(ry) あれ?無限ループって奴じゃね?
7.名前が無い程度の能力削除
 可愛いなァ
   この二人
8.名前が無い程度の能力削除
この二人は良い
可愛かったGJ