真・東方夜伽話

マミゾウさんが借金のカタに♂アナルを開発してくれるお話

2016/12/25 10:47:57
最終更新
サイズ
34.99KB
閲覧数
1482

分類タグ

マミゾウさんが借金のカタに♂アナルを開発してくれるお話

岸屋

女に貢ぐ為狸妖怪から金を借りていた男だったが、その額は半年を掛けて膨れ上がっていた。
ついに男は身柄を捕らえられ、「妖怪相手の男娼」にされるべく下の穴を……。
※タイトルの通り逆アナル要素があります。ご注意下さい。

 やあお客様。すみませんなぁ、晩酌の途中に連れ出して。その顔じゃあ、まだ一杯程度も呑んでおらんのでしょう? いやぁ申し訳ない。ほんに申し訳ない事をした。まぁまぁ、腕抱えられて大勢に囲まれておっかないのも分かりますが、暴れる前にちょおっと用件を聞いて頂きたいのです。

 連れ出したのは他でもない。貸した金の返済について聞いておこうと思いましてなあ。あぁ、狸の若造が何度かお前さんとやり取りしてたでしょう。儂がその金貸しの大元です。

 「二つの岩で魔を魅せる」と書いて、二ッ岩マミゾウと申します。いやぁどうも、ご贔屓にして頂いているようで。月に二回の借り入れ、額だって「ちょっと洋服が買いたい」なんてものでもない。毎度ありがとうございます、お客様。
 しかし……ここ最近は返済の形跡が無いものでしてねぇ。部下には「別の奴に払った」だの「来月返す」だのと仰っていたようですが、どうも別の者に支払いを済ませた記録も、ひと月置いて返済した記録も残って無いようで。こいつは一体どういうことで?

 あぁあぁ、いえいえ、別にお客様を疑うつもりはありません。半年以前「は」きちんと、きっかり、返済して頂いております。返そうというご誠意も十分感じております。気に触ったら申し訳ない。ただね、どうもおかしな話を伺いまして。

 どうもお客様、賭場への出入りが激しいようで。ここ半年で二十と数回、今週だけでも既に四回。初めは殆ど出入りしていなかったのに、最近じゃ回数が右肩上がりだ。それほど半丁博打がお好きですかい?

 おやおや、顔を青くされて。その賭けは余程後ろめたい物でしたか? 申し訳ありませんねぇ、こっちも道楽で金貸ししてる訳じゃないもんで。余りにおかしな額の客には、後ろ付け回させてもらう事にしてるんですわ。

 いやいや、お客様、失礼を承知で言わせて頂きますが、まさか、博打で勝って返済を……なんてお考えではありませんか?

 あっはっは、そんな大博打を打たずとも、お客様にゃあ立派な返済方法があるじゃありませんか。

 臓器売買。動物にゃ無数の臓物が詰まっているが、対になっている臓器っつうんは、大体片方が無くても支障が無いもんでございます。肺、腎臓、ひとぉつチョッキンすれば、この程度の額など返してお釣りが来るでしょう。

 個人的には、そうですなぁ、金玉なんかも堪らなく好みでしてなぁ。高く売れるのは勿論のこと、食っても美味い。

 塩で串焼きなんてもう、シンプルだが素材の甘みが効いていて、酒が進んで堪りませんなぁ。味も勿論、体から切り離されたそいつを男に見せたときのしわくちゃな顔など、酒のつまみにはもってこいで……くくっ、さてさてお客様ぁ、いずれのモツがお好みで……?

 ……ふふ、ビビらせてすまんなぁ。「取り立ては勢いが肝心」と若いのには教えているつもりなんじゃが、客だって同じ奴ばかり相手していたら流石に慣れてきちまう。たまには大将の儂が出んといけんなぁと思っていたころでな。そんなに縮こまるなよ、ニンゲン。

 それで、正直な所どうなんじゃ? 返済が遅れているとはいえ、こっちもいきなり取って食おうなど考えてはおらん。身の上話で申し訳ないが、最近は妖怪も人の扱いを大事にしておってのぉ。ニンゲンの肉は妖怪・妖獣にゃ高く売れるが、三枚に下ろそうものなら巫女やら何やらが飛びかかってきて商売どころじゃなくなっちまう。だから狸の金貸しも、ちゃあんと人道的で体に傷を付けぬ、そんな返済方法を用意しとるんじゃ。

 だからの、腹を割って話してくれんかの? 今のお前さんの懐事情。
 
 ……ふむふむ、惚れた女に貢ぐ為に金を借りていた。初めは飲食や服程度だったのが次第にバッグや指輪になり、半年前に琥珀の首飾りが買えなかったのをきっかけに逢瀬が減り、贈り物を繰り返すも効果なし……別れたのが先月で、今は酒台分だけ抱えて殆ど無一文。返済の為に博打をしていたのは事実、と。

 なるほど女ねぇ……。しかしまぁ、男女というものは難しいものですな。顔の好みや性格の好みもあれば、思想や体の相性もある。悪い女に当たる事だってあるじゃろう。執着も分かるが、勉強代だと思って反省するんじゃの。

 ひとまず、お前さんの事情はわかったよ。それで返済についてじゃが、しばらくはこちらの指示した仕事に従事してもらう故、身柄を預けて貰うがよろしいかな?

 ……いやいや、そんな驚いたような顔をせんでも。きちんと契約書にも「借り入れ日から二ヶ月以内に返済が無い場合、甲(お客様)は乙(狸の金貸し)に一切の身柄を預け返済に従事する。また全額の返済が済み次第、甲(お客様)を解放する」とのぉ。ちゃんと読んでなかったのか? まま、そう心配なさるな。初めは辛いかもしれんがじきに慣れる。

 基本的にゃここ、儂らのアジトで日に八時間の労働に付いてもらう。業務時間以外もここに居てもらうが、退屈なら部下共と博打ごっこに興じていればよい。狸も博打好きが多くての。当然現ナマの賭けは禁止じゃが、チップ代わりの木の葉で遊ぶ分にゃあ、幾ら賭けても構わんぞ。他にも本やら書き物やら、有るもので好きに遊んでくれ。あぁ、食事は三食きちんと付けるし、時折なら人里に降りることも許してやる。どうだ、こんな条件で返済が出来るんだ。全く、お前さんのようなだらしない男には勿体無いほど良い条件じゃろ?
 
 ……え?「条件が良いのは有り難いが、結局どんな仕事をするのか」って?

 くっくっく、そうじゃのう。酒浸りで変色した干し柿みたいな人相で営業周りなぞさせられんし、金遣いの荒いお前さんに桁算を任せるのも心配だし……となると、もう出来るのは文字通り「体で奉仕する」くらいじゃないかねぇ♪
 
 どすんっ!!
 
 おぉ、血気盛んな若造が悪いことをした。そう勢いよくすっ転ばされたんじゃ受け身も取れんかったじゃろ。畳の上とはいえ痛かったんじゃないかい? ま、丁度いいわい。おいお前ら、こいつの両足押さえとれ。お前らは両腕。空いてる奴らはこいつの乱れざま、きっちり目に焼付けときなぁ。

 くっくっく……ちんぐり返しという奴じゃな♪ こ汚い尻も真っ赤な顔もぜぇんぶ丸見え♪ 女に囲まれて尻を晒すなんざ、そうそう出来る経験ではないのぉ? ふふ、暴れたって無駄無駄。腕から脚までがっちり関節押さえとる。狸に囲まれたのがそんなに怖いか? それとも……暴れた振りしてぇ、もっと雌の体、触りたいのかァ?

 そりゃあそうじゃの♪ 四肢に一匹ずつ若ァい雌狸が張り付いとるんじゃからのう♪ 肘に当たる尻の感触、ももに当たる乳の感覚、もっともっと味わいたいよなぁ♥ 良いぞ良いぞ、幾らでも触っとくれ♥ ほうれ、お前らもっと体押し付けたれ。サラシも褌も脱いで、獣の体の感触覚えさせたれぃ♪ ふふふ、雌の柔ぁい所が、お前さんの四肢の硬ぁい所に当たっとるぞぉ? そぉんなケツ丸出しの体勢でもじもじと身をよじって、芋虫と大差ないわなァ♪

 ふふ、好きなだけ暴れておれ、その間に本題を済ましてやろうじゃないか。これから、お前さんがきちんと仕事出来るように仕込みをしといてやるからの♪ ほうれ、その小汚い下着、剥いてしまうぞっと……♪

 ふふっ、あららぁ、可愛い珍宝だこと♪ 皮被りがびっきびきに反り立って、ちっこい金玉がだらし無ぁく垂れ下がっとるわ♪ 雌狸の肉厚ぼでーがそんなに良かったか♪ それとも尻丸出しの体勢見られるのが嬉しいのかァ? まぁ、用事があるのはこんな縮み玉でも、ひなびた魔羅でもないがなぁ。儂が用があるのは、こっちの穴じゃからのぉ♪

 ふふっ、け・つ・の・あ・なぁ♪ 今からここをたぁっぷり弄くって♪ ほじくってぇ♪ お客様が楽しめるオナホ穴に改良してやるからのぉ♪

 ……聞き返さんでもそのまんまの意味さ。お前さんには妖怪相手の娼夫をやって貰う。きゃんきゃんと媚びるように鳴いて、全身の穴という穴で客の魔羅を悦ばせる仕事。金利やら小難しい計算なんかより分かりやすくていいだろう? 妖怪も長く生きてると普通にニンゲンいたぶるんじゃ退屈になってきちまうらしくてなぁ。最近は牡の穴を虐めたいような、そういう客が多いんじゃ。

 あっはっはっは、そんな顔するなって。儂の手に掛かれば痛みとも苦痛とも無縁のまま、珍宝しごくより気持ちいい穴になっちまうからのぅ♪ ほぅら……お前のケツ穴、ただのまんこ穴にしちまうぞぉ……♥

 んふっ……ふっー♥ ふふっ、ちょっと息、吹きかけただけじゃないか。そんなに跳ねてたらキリが無いぞ? まだまだこれから……んぷふっ、ん……♥ ぢゅっ、ぢゅるるるっ……♥ ちゅむ、ちゅっ……♥ どうだい、菊穴舐めは。獣舌のざらつきがよく分かるじゃろう? んっ……れりゅっ♥ れろっ、ぢゅっ……♥ ふぅっ、まだまだ固いな。どれどれ、もっとよぉく、ほぐしてやらんとなぁ♥ ぬりゅっ、んーっ、ふぅっ……♥

 ぷはっ……ふふっ、いい顔してるじゃないか。しゃがれ声で叫んでるのも、イヤイヤぁ~って首振って抵抗してるのも、可愛うて似合っとるぞ♥ さぁて、もう少し慣らさないと……ん、れりゅっ、ふーっ、ふーっ♥ ははっ、またびくってしたぁ……♥ 濡れてひんやりしてるとこに息吹きかけられて驚いたか? そーこーにぃっ、んふっ、ちゅっ♥ むーっ、今度はくちづけぇ~♥ あははっ、お前さん、例の女にゃあ接吻させて貰えたのかい? 話を聴く分にゃあ狡猾な女らしいから、体のやわい所を視姦するのは許しても「ぼでーたっち」や「ちゅー」までは許さなかったんじゃ? その点、儂はっ、ふーっ、ちゅっ、優ひい、じゃろぅ♥ こぉんなところにだって、ちゅぷっ、ちゅぅうっ……、何度もねちっこく、接吻してやってるんだからなぁ♥ ほれほれぇ、もぉっと凄いキスしてやるぞぉ……♥
 
 
 ぬるるっ、つぷっ……♥
 
 
 あーあー、はいっひゃった……軽ぅく押ひこんだだけなのに、ケツ穴にひた、入っひゃったぁ♥ お尻とお口でディープキス♥ 恋人ごっこの口遊びなんかよりももっと下品で素敵じゃろう♥ お前さんの穴どんどん柔うなってきて、このくらいなら簡単に入っちまうようになっとるぞ? それにぃ……なんだい、この、パンパンに膨れたこいつはァ……♥ どうしてこんなんになっちまってるんだァ?そこらじゅうに牝肉押し付けられたから? それともここにちゅーされるのが気持ち良かったから? どっちでも良いよなぁそんなの……勃起してるってこたぁ、そういう事なんだろニンゲンよぉ……♥

 ふふっ、色素のガッツリ沈んだ自慰専門の珍宝でも、それなりに良い勃ちするもんだなぁ♥ 色の割に全然淫水の臭いが全く無いっちゅうのは、やっぱりお前さんが童貞だから、って所かな♪ すまんなぁお客様。ケモノの鼻じゃあお前さんのちんぽが牝慣れしてない事程度、臭いで分かっちまうんだわァ♪ ふんふん……自慰もここ暫くしてないようだな。まぁ懐事情がそんなんじゃ、シコる精神的な余裕も無いってもんか。だが風呂くらいにはきちんと毎日浸かったほうが良いぞ? 元々ただの狸だった儂が言うっちゃないが、七日も空けたんじゃあ汗臭くて堪らんわ。くくっ、ま、この金玉やケツが蒸れた牡臭ぁい匂いも嫌いじゃないがなぁ♪ くふっ、くふふふっ……♪

 さぁて、ここからはこのお札を使わせて貰うぞ? 丹田に染みるように効いて、珍宝の奥の奥をキツぅく縛っといてくれる優れものさ。これが無いと後片付けが大変でなぁ、先走りから精液、しまいにゃ小便すら撒き散らしめる。お前さんだって自分の顔面にザー汁ぶっかけたかぁ無いだろう……?

 ほうれ、ほーれ。一枚、二枚、三枚と、ぺたんと張って、はい出来上がりぃ♪ 金玉から竿までお札で包まれて、くっきり浮き上がって……、ぷっ、はははっ♪ すまんすまん、儂も見慣れちゃあいるが、やっぱりこの珍宝だけお札に包まれた姿、オムツみてぇでおかしくってしょうが無ェわぁ♪
 
 ささ、再開再開。お前さんのケツの中、たっぷりでほじくってやるからなァ……♥
 ぢゅっ……ぢゅるるっ……んふっ♥ ケツ穴さっきよりキュンキュン締まってる♥ そんなに舌、追い出したい? でも、ふんっ、れるっ、ふぅうっ♥ ほーやって、ふっ♥ 舌ぁ根本まで突っこまへたら、もう入りっぱなひ♥ ケツの谷間に顔みっちり埋めへっからなぁ♥ ほいでへぇ……ここ舐めてやっはらぁ、とぉってもひもひいいんだぞぉ♥
 
 
 つつ……れりゅ、こりゅっ♥
 
 
 ふふふっ、ぜんりつせぇん♥ した先でつつひたら、ひょっと震えたにゃあ♥ ここ、女で言うしひゅうみたいな所らひクてなぁ、覚へると人生くるっひゃうらしいぞぉ♥ ほうれ、つんつん♥ つんつん♥ つんつん♥ まぁだまだ、幾らでもきもひよくなろうなぁ♥ つんつん♥ つんつん♥ れろれろ♥ れろれろ♥ ザラザラの舌ぁ、もっと味わって……♥ つんつん♥ つんつん♥ オスの子宮、ぷにぷに♥ こりゅこりゅ♥ つんつんばっかりじゃ飽きるひょなは♥ ほれほれぃ♥ 前後にぃ♥ ぬぷぬぷ♥ ぬぷぬぷ♥ 入れはり出ひたり、にゅぷにゅぷ♥ にゅぷにゅぷ♥ 舌とあなるへっくす、ひもひいいかい♥ 硬ァい牡の子宮、ザラザラのけものひたでヤスリに掛けてぇ♥ ひょっとずつちょっとずつ、とろとろぬるぬるのオス子宮にちょーりひてやるからなぁ♥ にゅぷ、れりゅっ、れりゅぅうっ……♥

 ほら、声良くなってきたぁ♥ まぁだまだ低いけど、ひょっとらけ、高くなってきた……♥ そのひょうひそのひょうひぃ♥ おまんこの感じ方、おぼえちまえ……♥ からだも暴れなくなっへきてるねぇ♥ ほれぇ、今度はぁ、左右にぃ、れろれろ♥ れろれろ♥ 飴玉みたいにぃ、れろれろ♥ れろれろ♥ オスの穴の奥まで、れろれろ♥ れろれろ♥ んふふー♥ 表面ひっぱいぺろぺろされてきもひいいんだねへぇ♥ 珍宝ひくひくして大喜びしとるぞぉ♥ ほうれ、ほれほれ、ほーれほれぇっ♥ あはっ、また跳ねたなぁ♥

 でも一番良いのはァ……やっぱり、これかいぃ?

 ふん、ふすっ、つんつん♥ つんつん♥ ふっ、そーらよなぁ、ぐっ♥ ぐっ♥ って、舌先で直接押されるのが良ひんだよなは♥ 珍宝裏ごしされてるから、一番珍宝に染みるよなァ♥ ほいならお望みどぉりぃ♥ つんつん♥ つんつん♥ ぎゅっぎゅっ♥ はは、そんなに跳ねるなよぉ♥ つんつん♥ つんつん♥ オス子宮ぷにぷに♥ こりゅこりゅ♥ おいおい、気ふいへるか? お前のなか、もうトロトロのぷにぷに……♥ 舌しめつへても全然おいだへない、駄目まんこになっちまってるぞ……♥
 
 んっ、ぷはぁっ……♥ ふーっ、どうだい、前立腺舐め……♥ 蕩けるくらい気持ち良いだろう? あはははっ、なぁんで泣きそうになってるんだい。ぐずぐずのみっともない顔して、そんなに良かったんかァこの淫乱♪ まァまァ、まだまだこの程度、もっともーっと良くしてやるから安心しなよ♥
 ん、どうしたお前ら、そんなに顔赤らめて。あぁそうか、牡虐め見んのが初めての奴もおったか。ふぅむ、こういうんはやって覚えたほうが早いんじゃが……まぁ折角だ。こいつを教材に、男の責め方教えたろうかね。よぉく見ておけよ? こっからが牡、苛める時の本番だからなぁ♪ そぉれ、まーずーは……♥
 
 
 ずぶっっ!


 小指でケツ慣らしぃ♥ うひひっ、ヌルヌルだから簡単に入っちまったなぁ? 舌より硬いのがいきなり入ってきて、ケツ穴びっくりしちゃってる……♥ ほうれ、ぬぷっと入れてぇ……ずるずるっと抜いてぇ……、もっかい入れてぇ……♥ かんたんに出入りしてるけど、ケツ穴の締め方忘れてないかい? もっとケツひって頑張ってごらんよ。ふふっ、小指、根本まできゅんきゅん締めてぇ……ようやっと締めるの思い出したなぁ♥ ケツに異物入ってるのに、イケナイ事とも思わなくなってたのかい? 駄目駄目ぇ、出来るだけ締めて抵抗してくれよ……そうでないと面白く無いだろう♥ それ、次はぁ……♥


 ずぷ、ぬぷぷっ……!

 
 薬指ぃ♥ 小指よりちょっとだけ太く長くなってるの、分かるかい? くっくっく。まだケツの中身の形が分かるほど慣れちゃいないかなぁ? ま、お前さんにその違いが分からなかろうが別にいいさ。大事なのはお前さんが、ちょっとでも太くて長いの、受け入れちまってるって事なんだからなぁ♥ ほれほれぇ、例の女にそれだけつぎ込んでいたんなら結婚なんてことも一瞬は考えたじゃろ♥ どうだい、ケツ穴結婚指輪代わりにされるのは♥ 薬指でケツ穴ぬっぷぬっぷされてクツ辱? でもぉ、いーい声になってきてるぞ♥ そうれ、今度は一つ飛ばして人指し指ぃ……♥


 ずっ、ぬるんっ!

 
 ふふーん♥ 太さと長さァ変わらんが、こいつが一番いいとこに当たるよなぁ♥ 人差し指ァ一番曲げやすいからなァ♥ ここだったら一番いいところ、もーっと強く押せちゃうなぁ? 舌でくにくに♥ ほじほじ♥ ってされてただけでゾクゾクしてた所、もっとぐりぐり♥ こりこり♥ ってされちゃうなぁ♥

 でも……お・あ・ず・け♥ こうやってぇ、牡のいっちぁん弱い所ォ、つつつーってなぞるだけ♥ まぁるくまぁるく、円を描くよにつつくだけェ♥ 焦らされるのはしんどいかい? でもなぁ、一番美味しいところは最後の楽しみに取っとくもんだよなァ♥ 爪と指の腹でぇ、やさしぃく、さすさす♥ なでなで♥ あはっ、ちんちんムズムズしっぱなし♥ ごめんなぁ、儂もこれだけ生きてらァぼけも始まっててなぁ。ちゃあんとクルミ大のアクメポイント、虐めてやれないかもしれんなぁ♥

 ええっと、少し奥だったかなぁ? いやぁ手前? 右? 左? そもそも本当にちんちん側だったかなぁ♥ 背中側も案外押してみたら良いかもしれんなぁ♥ ふふっ、焦らされ過ぎてケツ穴ひくひくしてきた……♥ 本当に発情まんこみたいになっちまって、こんな哀れな姿、例の女も同情して泣くだろうよ♥ ほれほれェ、本当に触られたいのは、腹側のぷっくりと硬くなった、ここじゃろう……♥

 ……はい、一時中断。 そろそろ次の仕込みにいかんといけないからなぁ……全く、最初のヤだぁって顔はどこ言ったんだい? 一方的に気持ちよくなっちまって。忘れちゃいかんぞ? 「お前さんがケツ穴弄られてチンポひく付かせる変態」だってこと♥ うふふっ、喘ぐ余裕無くなったら、急に冷静になってきたか? 目元隠したって無駄さ。もう儂も、若造狸も、お前さんの喘ぎ声覚えちまってる♥
 な、お前らも聞いてたろ? 「お゛ぉぉっ、お゛ほぉおおっ……♥」ってなっさけない鳴き声よォ♥ そんな地響きみてぇな声、どんな獣でも出しやしねぇよなぁ♥ 始めの方の困惑した面が、今じゃ真っ赤でぐずぐずだァ♥ ほうらお前ら、笑ってやれよこいつの様子よぉ♥ はははっ、くっ、くひっ、くひひひっ……ひひ、はははっ♥ すまんなァ、儂はこの仕込みしてる時の男の顔が大好きでなぁ。未知の快楽に腰とチンポ震わせて、男のプライドとの間行き来しながらひーひー言ってるのが堪らなく興奮するんじゃ♥ ナァに、ブン屋と違って写真にも納めなけりゃ記事にもしねェ。幾らでも泣き喚いて悦んで、儂らに牡の痴態晒してくれよ♥
 
 さぁて、再開しようじゃないか。そろそろ指一本よりもっと太いのを入れれるようにせにゃならんな。すこぉしばかりこいつを呑んで貰うぞ?
 ふふ、お酒ぇ。それも唯の酒じゃないぞ? 鬼も○せるヤバぁい媚薬酒じゃ♪ 度数こそ高くないが古今東西の精力増強薬が溶かしてある。薬に体勢のある鬼ですら、数杯飲んだらあら大変、膣の肉が入ってもいない肉棒を想像してぐっちゃぐっちゃと泡立つまで疼き、尿漏らしのすようになっちまう。当然ニンゲンが呑んだら……後は分かるよなぁ♥
 ほれ、瓶そっちに回せ。そのまま口の中に垂れ流してやんなぁ。ほら、あーん。おい、こら、口開けろって。抵抗しちゃ駄目って分かってんだろう?
 ……ちっ、仕方ァないね。おーいそこのお前、手ェ空いてんだろ? 瓶預けっからそいつにこの酒無理やり飲ませとくれ。……えぇ? 「どうしたら口こじ開けれるか」ってぇ? おいおい、若造でももうちょい頭ァ使いやがれよ。しゃーねぇ、儂が飲ませてやるか……。
 
 はぁい、逆さに顔覗き込まれるのァ、新鮮だろう? ひざ枕される時くらいじゃなきゃこんな見え方せんだろうが、美人の顔だってこうやって見りゃぁまた一つ違った魅力があるかもしらんなぁ、なんてね。ほれお前らァ、牡ん口っつうのは、こうやって割るんじゃよ♥
 ぐびっと一杯口に含んでェ、ほのままぁ、ふっ、ぅうっ、こうやっへェ、舌で色気の無い唇ふやかして……んっ、ちょっとでも隙が出来たら、舌をネジ込んでェ、ひょっとづつ、ちょっとふつ、酒をおひだす……ぢゅぱっ、ちゅっ…ちゅっ、ちゅぷ、れるぅうっ……♥ 一回入れァあとはかんはん……ぷはっ、ほれ、二杯目……でひるだけ、牡の舌にも味をおひえるように……舌もしつこくねちっこく、泡立ふまでネトネト絡めてェ……呼吸と酒と唾液へぇ、ぢちゅっ、ぷーっ、ふっ、ぐっちゃぐちゃに、とろかふ……ぢゅぷっ、ぐぢっ、ぢゅっ、れるぅうっ……♥ んぷっ、この体勢じゃお前の鼻が邪魔じゃなァ。まぁえぇか、例えばこうやっへぇ、鼻の先っちょにキス、ちゅっ♥ ってひたりぃ、舌で鼻筋、れろーってくすぐっはりぃ、鼻と唇の間を、つつーっ……れろぉおっ♥ ほら隙あり。ん、ぐぐっ、げふっ、ほれ三杯目ェ……♥
 
 
 ぢゅるっ、ぢゅるぢゅるっ、ごくごくごくんっ……♥
 
 
 んー、ちゅっ、ぷはぁっ……ほれ、三杯目は一気に飲み干しちまったろう。唇舐め溶かすなり、口の周り責めて隙作りゃあ、この程度の口チャック簡単に壊れちまうのさ♥ あはっ、口ん中ぬっちょぬちょに犯されたの嬉しすぎて、舌抜く時に唇追っかけて来てたなぁ♥ お前さんはケツ穴だけじゃなく、そこら中の穴が弱いらしい♥
 ほんじゃァ、本題に戻ろうか。またケツの穴に戻って……ほれ、とくとくとく~っと、ケツ穴に酒、飲ませちまうぞぉ♥ 動いちゃ駄目だぞ溢れるからなぁ♥ ふふ、ワカメ酒ならぬキク酒ってな。ほんでこのまま……♥
 
 
 ぢゅぷっ、ぢゅーっ、ふーっ、れりゅれりゅっうっ……♥
 
 
 うふっ、ふーっ、腸の粘膜ァ、一番吸収良いからなァ……ケツから直飲みさせたほうが、一番ホグれるしキくんだぜ……♥ れちゅ、ぢゅっぢゅっぢゅ、ぢゅーっ、ぷふっ、はーっ、あはっ、お前さん、ケツも唇も一緒の動きしちゃってる♥ ひくひく♥ ちゅっちゅ♥って必至に舌ァ追いかけて、一杯酒飲もうとしちゃってる♥ 駄目だなぁ。ヤバい酒って分かってるのに飲みたがっちゃって、駄目なニンゲンだなァ♥ ほうれ、ご褒美にもっと飲ませちまうぞ♥ ふーっ♥ ぢゅーっ♥ 酒ェケツの奥に吹き込んでェ、ぢゅーっ、ぢゅーっ、ぢゅぢぢゅぅうううっ……♥
 
 んーっ、ぷはっ、ほい、仕込み終わりぃ♥ ケツには徳利の一つ程度にしとかんと、吸収良すぎて直ぐにばたんきゅーだかんなぁ。こっちもヤりながらゲロ吐かれたんじゃ汚くて仕方無ェ。おい、口からは飲ませるのはお前らに任せるぞ。飽きたら他の奴と交代して、出来るだけ唾液で薄めて、少しずつ少しずつ、延々と、口元どろどろになるまで、十杯でも百杯でも飲ませ続けておけよォ♥

 さぁて、ほぐしの方再開すんぞ? 今度は指二本で頑張ってみような♥ ほれ、先ずは人差し指で、ほれぇ、ぬぷっと一発、直カンチョー♥ へへっ、やっぱり一本だったらもう簡単に入っちゃうなァ♥ それにもうケツが悦んでる時の締め方になってる♥ 押し出す時の締める動きが、入ったものをネトネト触って尺取り虫みたいにうねる、悦びまくりの動きしてる♥ よしよし、その調子で二本目、イッちゃうぞ♥ ほれ、ぐーりぐり♥ ぐーりぐり♥ ほら、クソひるみたいにキバってごらん? ていうかそうしないと、裂けちまうぞ♥ よしよし、ケツの中むりゅ♥ って広がってきたぁ♥ それじゃあ、一気に入れるぞぉ♥ せーの、ごー、よん、さん、にぃ、
 
 
 ずぶぶぶぶぶっ!!!
 
 
 くひひひっ、ひゃひゃひゃっ♥ すまんなぁ、ニンゲンぁ数字を数え下ろされるとゼロに合わせて準備しちまうもんでなぁ、隙だらけの所、ズッポシいかせて貰ったぞ♥ あー、すげぇ♥ 流石にぎゅんぎゅん締まって驚いてらぁ♥ ねじった指の形必至に覚え込もうとしてる♥ ほうらぁ、ちょっとずつ動かすぞ……♥

 ほらほら、ほらァ♥ ぐりぐり♥ って鍵穴みたいにねじりながら、ゆっくり奥にずぶずぶ~♥ 小刻みにぬぷぬぷ~♥ ふふっ、肛門がちょっとずつ広がってくのァ、中をこりこりひっかかされるのとはまた違った快感だろう♥ そいつァ、人を人たらしめる場所を征服される快感さ。本来はぎゅっと硬く締まってなきゃいけない穴が一ミリ一ミリまた一ミリ……入ってはいけないものを入れて悦ぶように作り変えられちまう、破滅を伴う快感さ♥

 でもお前さんには関係ないもんなぁ♥ 借金するような屑野郎が今更、ニンゲンとして破滅したからってどうでもいいよなァ? どこまで気持ちよくなったって誰も何も気にしない、お前さんにピッタリの快楽じゃないか♥ ほうれ、そうこうしてる内に、一番太ぉい第二関節まで入っちゃったあ……♥ うっふっふ、そのまま中で人指し指と中指を組むとォ……どうだい? ごりごりってキッツく擦れるだろう♥ ぉほっ、すげぇすげぇ、淡ぁく締めて悦んでる♥ ほらどうしたどうした、相当簡単にズボズボ♥ ぬっぽぬっぽ♥ 出し入れされちまってるぞ♥ もっと締めて頑張ってみろよ♥ あっ、締めちまったらぁ、ねじった指がいいトコに当たってるのバレちゃうかぁ♥ いいじゃねぇかぁいいじゃあネェかぁ、いっぱいいっぱい良いトコ擦って貰やァ♥ どうせケツ穴くぱぁ♥ って御開帳出来るようになるまで広げられちまうんだからさぁ、精々今の内に締めておけばァ♥ ほれ、ほれっ、ほぉれっ♥

 ふーっ……さて、だいぶ解れてきたな。そろそろ一回抜くぞ?
 
 ……あははっ、上の口も下の口もおんなじ♥ 指の腹に粘膜押し付けて、つま先の先端ぎりぎりまで愛おしげに絡みついてきおるわ♥ ハラワタがネットリ湿って準備完了♥ 駄目まんこ仕込まれて大悦び♥ チンポもお札ン中でびっくんびっくん大暴れして、「ザー汁ぶちまけたいです」って先走り漏らしまくり♥ 先端のお札だけヌチョヌチョに湿って破けそうになっとるじゃないか♥ まぁそこだけ破けたくらいじゃ射精は出来んじゃろうが、牡まんこの癖に、まァだちんぽに未練あんのかァ? こんだけ尻の穴ァ良くして貰ってるくせに他の場所もでも良くなりたいなんて、欲張りな牡じゃなぁ♥

 まぁ良い。今の内にちんぽ目一杯ひくつかせて、自分の珍宝が腫れる悦び、頭に焼付けとくといいさ。どうせ最後にゃあ二度と勃たなくなっちまうんだからなァ……♥

 さぁて、じゃあそろそろ、仕上げといこうじゃないか。あーあー、すまんなぁ、儂もお前さんの痴態のお陰でこぉんなに、滾ってきてしまったよ……♥
 
 ……うふふっ、いひっ、くっひひひひぃ♥ ナァにを驚いておるか。こちとら人を化かす雌狸様だァ、タマ付いてようが魔羅が生えてよーが何らおかしい事ァ無いだろう? いやぁ、その顔が見とうて黙ってたのもあるんじゃがの♥ ほーれ、股の間に置いてみるとぉ、形も大きさも一目瞭然♥ お前さんのお札包みの勃起とじゃあ、比べるまでもないかなぁ? くくっ、もう分かってんだろ。今からこいつを、お前さんの中にブチ込んでやるのさ♥

 硬ぁい狸棒でぼっちゅぼっちゅと穴を抉って、お前さんの牡を壊しながら牝をほじくり返してやるのさ。アレだけ焦らされた所目一杯つついてやるんだ。儂は優しいから、「きぃっと天国にイケるほど気持ちがいい」なんて曖昧な事は言わん。

 保証しよう。汗も涙も涎も種も、あらゆる体液が枯れるまでイかせてやる。背筋やつま先が三日月のまま戻らなくなるまでイかせてやる。お前さんの体の筋肉という筋肉がぐずぐずに蕩けてただの珍宝専用の肉の固まりになりまでイかせてやる。人の世でただ生きていただけでは決して味わえぬ、化かされて犯される快楽で、骨身も溶ける程イかせてやる。イかせてイかせて、イかせ続けてやる。

 だがなぁ、一方的に食うっつうのは美味にゃ程遠い。必至に必至になっている所を、焦らして焦らして、最後にすっ、と堕とすのが一番美味くて楽しいんじゃ。何度も言うように、そうでなくては面白くない。お前さんも必至に抵抗しておくれ。妖怪にケツ穴えぐられて、札まみれの魔羅ひくつかせて、それでも悦ばないように脂汗絞り出しながら牡の尊厳保ってくれ。儂をもっともっと、楽しませておくれぇ……♥


 ぬちゅ、ぬぷぷっ……♥


 ひひっ……嗚呼、その面だぁ……儂が見たかったのは、その「ヤられちまった」っていう悔しげな顔……♥ あぁあぁ、涎が溢れちまいそうだ……堪らんなぁ、堪らんなぁ……♥ ほれ、動くぞ……?

 おぉおっ、すげぇなあ♥ ぐっぐって押し込む度に必至に珍宝押し返して……♥ これこれ、そんなに暴れるな♥ お前ら、しっかり押さえておけよ? そんでついでに眼に焼き付けとけェ……牝に犯される牡の有様をよォ♥ ほうれ、正常位だとよう見えるだろう? 牡の穴がヌッポリ貫かれてる所、よォおっ♥ うはァっ♥ 根本から先っちょまできっちり咥え込んでっ……♥ 酒で血ぃ回ったお陰で、指よりも太いの簡単に入っちまってるなぁ♥ 大股おっぴろげられて、ぬこぬこケツ穴レイプされて、さいっこうに気持ちいいだろう♥ ふひひっ、イヤイヤもさっきより全然ちっちゃくなってる♥ そんなん抵抗の内に入らんぞ? むしろ可愛く悶えて「もっと突いてぇ♥」っておねだりしてるようじゃなあ♥ 言われなくてもっ、そうれ、ぬっぽぬっぽ、ぬっぽぬっぽぬっぽォ♥ あーあー、ちんぽビッタンビッタン跳ねてたいへぇん♥ 弱い所一杯ヌコヌコ~ってされてすっごい悦んでる♥ どうじゃどうじゃ、魔羅で内臓かき混ぜられる感覚は♥ 最高に屈辱的で、最高に気持ちいいじゃろう、堪らんじゃろう♥
 でもぉ……まだまだ、もぉっと良くしてやれちまうのさ。なぁお主、こぉんな姿の女に見覚えは無いかい?
 
 ……こぉんな感じの、長い髪の、木の葉の髪止めをした女をよォオ?
 
 ふふっ、くひっ、くひひっ♪ あひゃっ、あひゃひゃっ、ひゃひゃひゃひゃっ! すまんなぁ、すまんなぁ、ほんにすまんなぁニンゲン様よォ♪ 半年以上前からお前さんと逢瀬していた女は、金を巻き上げて消えた女は、他ならぬこの儂だったって訳だァ♪ あひゃひゃっ、ひゃーっひゃっひゃっひゃ! あ゛ー、あはっ、げほっ、ふーっ、ふふっ、ひひっ♪ 確かに直ぐに気付かれんように声色も変えておったし眼鏡も外して出会っておいたが、まさかここまで気付かんとは思わんかったなァ♪ 妖怪も賢いの相手じゃ大変でなぁ、馬鹿を化かすのは、いやはや、中々ぁに楽だったぞニンゲン♥

 ここにお前さんを連れてきてからよぉ、儂がどんな気持ちでお前さんを諭していたと思う? ナァにが「男女というものは難しい」だぁ? ちょいと二の腕に抱きついたら直ぐにその気になりやがって。一言目に「バァカ♥」って言ってやりたくてしょうがなかったんだぜェ? ふふっ、駄目駄目だなニンゲン。 もっともっと警戒して生きてないと、こういう悪くて怖ァい狸に騙されちまうんだからよォ♥

 さぁて、お前さん、こうするのが望みだったんだろう? こうして一人の女と繋がって気持ちよくなるの、半年も前からずっとずっと期待してたんだろう? ふふっ、なぁになぁに、少しばかり形が違うだけだと思えばいいじゃないか。入れる側と入れられる側が入れ替わった。たったそれだけの事。お前さんが知ってる愛し方なんて所詮は人の愛し方。妖には妖の愛し方だってある。ほれ。
 
 
 「愛してる」
 
 
 ……ふふっ、ケツ穴きゅんってなった♥ ほれ、もっと近づいて、胸が当たるまで近づいて、耳元で囁いてやろうか。
 
 
 「貴方、愛してる」「好き」「大好き」
 
 
 ……どうだい、こうして、それらしい言葉を囁かれるのは。心地よいだろう? 気持ちいいだろう? ニンゲンの理性なんて単純なもの。相手が忌むべき妖だと分かっても、たった数文字都合のいい言葉を聞ききゃあどうでも良くなっちまう。さっきからケツキュン止まんないなァ? それでいいのさ。 もっと媚びるように、ねちっこく、珍宝を愛でるように動いて頂戴、「貴方」?

 あーあー、あーあーあーあー。 自分から腰振り始めやがった。儂が珍宝出し入れしてないのに、自分から腰くねってケツ穴のいいトコ探しにいってやがる。愛した女に犯されてるの、衝撃すぎて頭イカれちまったかァ? 儂は言ったよなぁ、ちゃんと抵抗せんとつまらんと。それとも、もう覚悟が出来たのかい? ニンゲン辞める覚悟。

 こっちを楽しませるつもりも無けりゃあ、ニンゲンらしく抵抗するつもりもない。人の振る舞いにも興味がないなら、俗世に戻る気力も無いのだろう? お前さんのような一文無しが戻っても、居場所も何も残っちゃいるまい。もしかすれば、儂よりもっと質の悪い妖怪に騙されるか、はたまた路傍で○されてそのまま夕餉にされるか……。

 だが儂は優しいからなァ。妖の愛し方にお前さんが付き合ってくれるというのなら、仕方がない、このままお前さんを儂の牝にしてやろう。お前を保護してやろう。人外の快楽で溺れさせてやろう。それでももし、お前さんに残された僅かな理性に、人の世に残した何かに未練があるのなら―――。
 
 ……おいおい、腰に足巻きつけておねだりかい? 全く、よく出来た肉穴だこと。お前からねだったんだ、わざわざ聞き返したりなどせんぞ? それじゃこのまま、目一杯の快楽でお前をどろどろに蕩かしてやる♥
 
 ほうれ、珍宝出し入れしながらぁ、すき、すき、だいすき、あいしてる♥ ふふっ、二人で一緒に腰振ると、色んな所に当たるなァ♥ お腹の中の硬い所とちんちんの先っちょがそこら中ぶつかっちまうなァ♥ ほうれほうれ、だいすき♥ しゅき♥ ふふっ、ケツ穴ひくひく止まらなァい♥ 貢いだ女のちんちん美味しいねぇ♥ 一杯頬張っておくれよォ♥ ニンゲン、すき、あいしてる♥ だいすき♥ 貴方のケツマンコ、女の子みたいで最高よ♥ ふひっ、こっちの声色のほうがいい? 駄目ぇ、貴方に選択肢は無いの♥ ニンゲンの振りした私も、妖怪丸出しの儂も、どっちも愛して♥ 貴方が愛してくれるなら、私(儂)も一杯愛してあげる(やる)から♥ ほら、前立腺♥ 指でナデナデされて焦らされた所、いっぱいいっぱい虐めてあげ(や)る♥ ほうら、ここっ、ここでしょう(だろう)♥ こんこん、こりこり、ごっちゅんごっちゅん♥ 硬ァい狸珍宝で、牡の弱い所、一杯一杯、ごっちゅごっちゅ、どっちゅどっちゅ♥ ほうらほうら、珍宝の奥ムズムズしてきたァ♥ 弱ァい牡まんこの、ぷにぷにこりこりの牝ポイント♥ どちゅどちゅ♥ ぶちゅぶちゅ♥
 
 
 ぶっ、びゅっ! びゅるるるっ!!!
 
 
 おぉっ、あはっ、あははははっ、凄ぇ凄ぇ♥ 射精禁止のお札の下から精液漏らしやがった♥ 先走りドロッドロで破けてたとはいえ、初っ端からトコロテンしちまうたァ大したもんだ♥ そうだよなそうだよな♥ もうすぐニンゲンの牡辞めちまうんだもんな♥ 最後の記念に目いっぱいセーシびゅーびゅーしておきたいもんなァ♥ ほれ、珍宝掴んで、そのまま上下にィ……しこしこ♥ しーこしこ♥ ほらどうだい、ずーっと触りたかったんだろう? 手コキでシゴかれて気持ち良いだろう? 掌のなかですっげぇビックンビックンしてんぞ♥ ケツ穴裏ごしされながら珍宝握られるの気持ちいいなぁ? ほれまたイクんだろ、サッサとイッてケツ穴締めやがれ、イけっ、イきやがれえぇっ……♥
 
 
 どぷっ、びゅっ! びゅぷぅぅうっ!!


 ふひっ、トコロテンに続けてチンポイキぃ♥ 後ろから押し出されるのも自分で出すのも味わえて、たった数分の間に色んなイき方覚えちゃうなぁ♪ 腹ん上精液まみれの癖に、もうきったねぇとも臭ぇとも思ってねぇんだろう? 下の穴以外どうでも良いんだろ? この牝豚よォ♥ ほれ、まだ儂がイッてねぇんだ。さっさとこっちにケツ向けろや♥ ニンゲンの真似っこするのも悪かないが、やっぱ獣は後ろから、ごりごり犯してナンボだよなァ?

 ……おいおい、膝が震えて膝立ちも出来ねぇってか? 生まれたての鹿じゃあるまいし、しゃんと立ってろよォ……ちっ、酒も拒みゃあ牝の真似すら出来ねえのかよ。じゃあよぉ、ほれ、こいつにでもしがみついとくか?

 儂の尻尾。股越しにぐるんと回してェ……ほうれ、狸の尻尾で抱きまくら♥ 膝も付かんほどでかいから、立つ必要もないだろう? 自慢じゃないがこの尻尾、鼬や野狐たぁ比べものにならない程良いと評判でなァ。いつか抱いた男は「蜘蛛の糸で編んだようだ」と言ってたなぁ。どこまでも沈んじまいそうなほど柔らかい尻尾に全身預けるなんざそうそう味わえんぞ? それも、精液まみれの汚ねぇ珍宝も一緒に拭いてやれるときた♥ 濡れた絨毛が珍宝ににゅるにゅる絡んで、ただ体重預けてるだけで気持ちいいなァ♥ だがそれだけじゃ勿体無いしよぉ、尻尾オムツにいっぱいザーメン排泄してみようか♥ どうせそのまま尻尾にしがみついてりゃあ心地よすぎて腰ガクガク震えて勝手に珍宝押し付けちまうからよぉ、お前さんが出したくなくても出ちまうぜ?
  それに儂も我慢の限界だからなぁ……お前さんが射精してようが腰仰け反らせてようが、叫んでようが泣いてようがもう関係無ェ、儂がイくまで、絶対にケダモノピストン止めてやんねぇからなぁ……♥

 怖い? 怖いかい? 歯、カチカチ~って震えてるぞ♪ イき地獄味わうの、そんなに怖い? ふひひっ、そんなに尻尾にしがみついて怯えて……。ふぅん……そうかぁ、怖いかぁ……。
 
 
 ごりっ。
 
 
 ……なぁんて、止めてやる訳無ぇだろうが、馬ぁ鹿♥
 
 
 ごりごりっ、ぶちゅっ、ごちゅごちゅごちゅっ!!
 
 
 ちんぽ穴の癖にちんぽにビビってんじゃねェよ、その硬ぇケツで牝ちんぽ受け止めるのがてめぇの役目だろ? ヨガってねぇでもっと締めやがれ! ぐひっ、腹の奥まで魔羅に侵略されてようやく締めるの思い出したかァ♥ 良いぞ良いぞその調子だァ♥ だがまだ珍宝扱くにゃあ程足りんなぁ♥ どうすればもっと締めてくれるんだ? こーやって、パァンパァン♥ってケツ引っ叩きゃあいいのァ? それとも、こーやってぇ、爪立ててガリガリ♥ ってケツ虐めりゃあいいのかァ? それともぎゅーっ♥ ってケツ揉まれるのが良い? いひひひっ、まだまだケツに色味が足りねぇなぁ♥ 儂の腰使いとケツマッサージでもっと牝に相応しい素敵なケツに仕込んでやらんと、なぁぁっ……♥
 
 
 びゅるるるっ、ぷぴゅっ、どぷっ!
 
 
 あはははっ、ケツ虐められてまたイッたぁ♥ 両腕ひっつくくらい縮こまって、尻尾に抱きついてセーシ撒き散らして気持ちいいねェ♥ 牡っけの強いカドだらけの背中が猫みたいに丸まってぷるぷるしてるの、かンわいいぃいっ♥ ほらほらぁ、珍宝だけ良くなってちゃ駄ぁ目♥ ケツでもちゃんとアクメして♥ 折角酒で火照ってとろとろに蕩けてきたんだからァ♥ んふふっ、突き込む度に粘膜やわァくなってる♥ 牝の珍宝しゃぶる為の牡まんこ、もうすぐ仕上がっちまうぞ♥ そしたらすっかり娼夫だぜェ? 色んな妖怪の牝に抱かれちまうんだぜェ♥

 地底の猫なんかよく牡買いにきてよぉ、まぁお駄賃で良い値で買っちゃあくれるんだが、ありゃあやることァ激しすぎてなぁ。どんな奴を預けても全身ぼろぼろの姿で帰ってきちまう。主人の趣味でそういう道具が豊富らしいし、あいつの跳ねるような腰使いに付き合わされるもんだから、今のお前さんなんてまだマシな程膝腰やられちまうんだ。ついでに、というかこっちの方が重大なんだが……あいつに貸した牡は、痛くされないと良く成れなくなっちまう。「ざらついた猫舌で舐められないと」「首筋を噛まれないと」って小キズまみれの魔羅ぱんぱんに晴らしながら乞い出すんだ。

 それを言ったら、ちっこいたれ耳兎。ありゃあ牡牝の扱いが上手だ。乳首や金玉や門渡や耳、変な所を責めてるようで一番イイ所でイけないように焦らしてくる。買う時も相応に長ぁい時間買ってってなぁ、まる1日や2日掛けて寸止めし続けて最後の最後に一度だけイかせるんだ。痛いことも特別な事もしないのに、大抵の奴は気付けば土下座で射精を乞いて、時にはあいつの淫語塗れの誘惑に触られずともアクメしちまう。当の本人は「焦らして焦らして焦らしまくって、最後に射精させた時が一番いい声で鳴いてくれる」ってヘラヘラ笑いながらオモチャ扱いよ。
 
 ……なぁんで、珍宝、硬くなってんだ♥

 ふかふか尻尾越しにも分かる位ガッチガチに勃起してェ……駄目だぜ奉仕する側が期待しちゃあァ♥ お前さんはどんな客相手でもケツ穴差し出して悦ばなきゃいけないんだからなァ♥ ほら、先ずは目の前の儂を喜ばしてみろよ♥ ふひひっ♥ ひひっ♥ ほれ、儂もそろそろイくぞっ♥ お前のケツが最初に呑むザー汁、しっかり締めて飲み干せェ♥ おらっイけっ♥ ケツと珍宝両方でイけっ♥ イけっ♥ イけっ♥ イけぇぇえっ……♥
 
 
 びゅっ、どぷどぷどぷっ! びゅっ、びゅぅううっ!!
 
 
 うっ……うふっ、いひひっ、いひっ、イッたイッた♥ ニンゲン辞める為のアクメでイッた♥ 気持ちいいだろニンゲン♥ 嬉しいだろニンゲン♥ あんだけイッた癖に今までで一番出たようだなぁ♥ でもよォ、儂ら獣はここからなんだわァ♥
 
 
 ぎちゅっ、ぎちちっ、ぎゅううっ……♥
 
 
 言ったろう、人外の快楽で溺れさせてやると♥ 犬科の獣はなぁ、珍宝の根本膨らまして半刻掛けて種汁撒き散らすんだ♥ さっきまで浅く突いてた所、ぱんっぱんに押し広げてやるよォ♥ 弱い所亀頭球でギュウギュウに押し潰されてェ、奥の奥までケダモノセーシまみれにサれてェ♥ ケツ穴テッテ―征服気持ちいいねェ♥ あっ、またイッた♥ どぷどぷ~って精液注がれる音聴いてイッた♥ ひひっ、でもまだまだこれから♥ 精子枯れるまで、理性千切れるまで、何度でもイッて♥ ね、貴方ァ♥ ふひっ、また締まった♥ ほうらぁ、貴方、だいすき♥ あいしてる♥ ニンゲンのケツマンコ、珍宝に絡んで最高に気持ちいいわ♥ ほうら、イッて、また、何度でも、何度でも、イッて♥ イッて♥ イッて♥ イッて♥
 
 
 イき、死・ん・で♥



・・・・・
・・・




 はぁー、年甲斐もなく張り切っちまった。うぅーっ、腰から膝まで、節々が、あぁ痛ぇ。お前らもヤりすぎには気を付けろよ? 儂ら種族柄鈍いんだから、あんまり頑張ると他に気ぃ回んなくなっちまう。後ろに巫女が居るのに気づいてからじゃあ、手遅れだからのぉ。

 それよりどうだった、こいつの犯され具合。くしゃくしゃの汚い面がどんどん牝の顔になってくのァ見てて面白かったろう? 人ん肉もりもり食べるのもいいが、怖がらせて驚かせてヨガらせて、喜怒哀楽全部搾り尽くす。そういうお上品なニンゲンの食い方もあるってこった。

 ただ、勘違いはするなよ。これは無数のやり方の一つ。巫女の目をくぐり抜けて人を化かし続けるには、一つのやり方だけやってりゃいい訳がない。手を変え品を変え、時に雷のように脅し、時に蜜のように囁いて、あらゆる手段で搾り取る。大事なのは常に発想。今は儂が教えたが、儂のような婆あでは思いつかない人の食い方をお前ら若造が思いつくこともあるじゃろう。狸は弱ぁいからなァ。この寒い幻想郷、知恵寄せあわせて凌いでいこうや。

 さぁて、この牝豚を檻に繋いでおかんとなぁ。狸の面がトラウマになって、ひいひいと逃げられても困……ん、どうしたお前ら? そんなに珍宝腫れ上がらせて。ははぁ、儂らの交尾ごっこ見て催したか♪ ふふっ、甘やかすつもりはないが折角だ。こいつの穴使ってみりゃいい。 瘤でぼっこり広がったクソ穴、若造のへな魔羅でも直ぐに出ちまうこた無いだろう。

 ふひひっ、聞こえてるかニンゲン? まだまだ、長い夜になりそうだな♥
こういうマミゾウさん、いいと思います。

<2017.01.05 追記>
コメントありがとうございます。

>>1様
 こういう逆レイプも、とてもいいと思います。
SYSTEMA様
 マミゾウさんは多面的に人間だいしゅきだと嬉しいです。
>>3様
 個人的に様々な表現を試した一作でしたが、楽しんで頂けたなら幸いです。
>>4様
 段落間を修正させて頂きましたが、他所で既に投稿済み作品の為ご容赦下さい。今後投稿する分については見やすくなるよう検討させて頂きたいです。
>>5様
 狸穴こそ使えどそのまま籠絡されて金から種まで一切合切搾られてしまうかもしれませんが…あら、貸しても借りても結果は一緒なので無問題ですね。
岸屋
コメント




1.性欲を持て余す程度の能力削除
新しい逆レイプエロかったです!
2.SYSTEMA削除
マミゾウさんの妖怪らしさとか言葉遣いで大変良かったです!ごちそうさまでした!
3.性欲を持て余す程度の能力削除
こんなにyabai濃いエロ描写は久々だ
4.性欲を持て余す程度の能力削除
素晴らしかったですついでに改行とかで読みやすくしてくれれば更に素晴らしいです(文字が固まってて若干読みにくかった)
5.性欲を持て余す程度の能力削除
まてよ・・・つまりマミゾウサンに金を貸したら逆にお○んこさせてくれるのか!?