真・東方夜伽話

私の・・・

2014/09/19 17:43:38
最終更新
サイズ
3.57KB
閲覧数
1692

分類タグ

私の・・・

ともはる

とある飲み屋で飲んでる二人、星熊勇儀とキスメ、いつもの4人じゃない時の事

キ「・・・って言われたんですよー、失礼ですよねぇ?」
勇「あははは、そうだねぇ」
キ「ヤマメさんはデリカシーが無さすぎなんですよ!」
勇「まぁ、そう怒るな、ヤマメの事だから悪気があってのことじゃないだろうさ」
勇「まぁ、ヤマメとパルスィが二人共、用事で来てないから話せるんだろうけど」
勇「それにしても、キスメって以外と面白いなぁ」
勇「普段、あんまり喋らないし」
キ「えへへ、私、人の話聞くの好きなんです」
キ「それに勇儀さん、パルスィさん、ヤマメさんの話面白いからつい聞き入っちゃって」
勇「なるほどね、でも、もっと絡んできていいんだよ?」
キ「はい!頑張ります!」
キ「ところで、勇儀さんにお願い事があるんです・・・」
勇「うん、なんだい?」
キ「ここではちょっと・・・」
勇「そうか、場所変えるか」
キ「できれば、私の家で・・・」
勇「わかった、行こう」
キ「すいません、有難うございます」
              ・
勇「そういや、キスメの家、初めてだな」
キ「そうですね、着きました」
勇「それじゃ、お邪魔するよ」
キ「どうぞ」
勇「結構、質素だねぇ」
キ「最低限の物があればいいかなぁと」
勇「ふむ」
勇「それじゃ、話を聞こうかい」
キ「はい・・・」
キ「(しゅるしゅる)」
勇「!どうしたんだい、裸になって、それに下着つけてないし!」
キ「勇蟻さん、私とセックスして下さい・・・」
勇「キスメ・・・どうしたんだい?」
キ「お願いします・・・」
勇「わかった、理由は後で聞く」
勇「(しゅるしゅる)」
勇「こうやって見ると、キスメの裸って綺麗だな」
キ「そんな、こんな貧相な体ですいません・・・」
勇「そんなことない、綺麗だよ・・・」
ちゅっ
キ「(勇儀さんの唇柔らかい・・・)」
勇「キスメっていい匂いがするね」
むちゅ(れろれろれろ)
キ「(勇儀さんの舌が・・・あぁとろけてきちゃう)」
キ「んはぁ・・・」
勇「可愛い胸だね(ちゅ)」
キ「あぁんん」
勇「(じゅるじゅるペロペロ)」
キ「はぁはぁはぁ、いい、イく!イっちゃいます!」
キ「!!(ガクガクガク、ドサァ)」
勇「胸だけでイっちゃたのか、感度いいんだね・・・(ぞくぞく)」
勇「じゃぁ、こっちはどうなんだろうね?」
キ「お願いします!クリトリスぐりぐりしてください!」
勇「(ぐりぐりぐりぐり)」
キ「うはぁぁぁ、クリトリス気持ちいいです!」
キ「イっちゃう、また、イっちゃう!(がくがくがく)」
勇「たまんないねぇ・・・(ぞくぞくぞくぞく)」
キ「はぁはぁはぁはぁはぁ」
勇「よし」
勇「ふん!」
キ「あぁ、すごい、勇儀さんのおちんちん・・・」
勇「さてと・・・」
キ「はぁ・・・、待ってください」
勇「ん?」
キ「勇儀さんのおちんちん、舐めたいです」
勇「わかった」
キ「んっんっ(あぁ、固くて太い・・・)」
キ「(べろべろべろ)」
勇「くぅ、我慢できない、キスメ入れるぞ」
キ「はい」
ぐちゅ
キ「ああああああ、入ってる、固くて太いのが入ってる!」
勇「くっ、きついな」
キ「勇儀さん、私のおまんこ無茶苦茶にしてください!」
勇「わかってるよ!」
パンパンパンパンパン
キ「あああ、奥まで当たってるぅぅぅ」
勇「ああ、すごく気持ちいいぞキスメ!」
キ「私もです!」
キ「勇儀さん!勇儀さん!私!勇儀さんの事が好きなんです!」
キ「だから、そばに居させてください!」
勇「くぅ、だ、出すぞ!」
キ「下さい、勇儀さんのザーメン下さい!」
キ「イくイくイくイく!」
勇「んはぁ(どくどくどく)」
キ「あああああああああ」
勇「はぁはぁ、キスメ、そんなに私の事が好きなのか?」
キ「はぁはぁ、大好きです、だから、私の気持ち受け取ってください!」
勇「ふむ」
勇「おい、隠れてるそこの二人でてきな」
パ、ヤ「(ビクッ)」
ヤ「ありゃ、バレてましたか」
勇「お前たちだろ、けしかけたのは」
パ「まぁ、そうなんだけど・・・、こうゆう展開になるなんて思ってなかったわ」
ヤ「勇儀さん、キスメの気持ち受け取ってやってくれないかな?」
勇「キスメ・・・」
キ「はい・・・」
勇「顔を上げて」
ちゅ
勇「これから、よろしくな(にこ)」
キ「!・・・ば、ばい、よろじぐおねがいじまず(ぐすぐす)」
勇「(なでなで)」
ヤ「キスメ、よかったね(うるうる)」
パ「もう妬ましいわ(うるうる)」
パ「あー驚いたわ」
ヤ「いやぁ、まさか、あんなことになるなんてね」
パ「まぁうまくいったことだし、いいんじゃないかしら?」
ヤ「そうだねぇ」
パ「それよりさ」
ヤ「うん?」
パ「セックスしない?もうぐちょぐちょなのよ」
ヤ「私も・・・」
パ「急いで私の家いきましょう」
ともはる
コメント




1.ともはる削除
すいません、調子乗って投稿させて頂きました。妄想の赴くままにやっちゃった結果がこれです。(土下座